ホーム » 症例検索 » 非抜歯にて治療を行った成人の重篤な開咬症例。

非抜歯にて治療を行った成人の重篤な開咬症例。

  • 20代
  • 開咬
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

広範囲で重症性の高い開咬症を非抜歯・非外科にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 20歳の女性の患者さんです。
 上下顎歯列に軽度の叢生(ガタガタの歯並び)を認め、咬合状態は、全歯28本において奥歯8本のみしか咬み合っていない状態です。著しい咀嚼障害と発音障害を認めます。
精密検査の結果、骨格性の問題は少ないと診断し、非外科にて治療を行うこととしました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 開咬の原因の1つである舌突出癖の改善のためにMFT(筋機能療法)を行い、
Up & Down エラスティックスを装着し、非外科・非抜歯にて矯正治療を行いました。
 患者さんの良好な協力により、正常で機能的な咬み合わせとなりました。咀嚼障害と発音障害は劇的に改善されました。動的処期間は1年8カ月でした。 

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG