ホーム » 症例検索 » 成長期の反対咬合症例

成長期の反対咬合症例

  • 9~13歳
  • 受け口(反対咬合)
  • 表からの矯正

 9歳の男児で骨格性反対咬合の患者さんです。  骨格性反対咬合は成長発育が進むにつれて反対咬合の範囲と度合いが悪化するのが特長ですので、早期に矯正治療を開始することが重要です。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 前歯部はすべて完全な反対咬合となっています。
 上顎前歯の唇側移動(前方移動)を行い、反対咬合の改善を行いました。これによりその後の上顎骨の成長発育を阻害されないようにすることが重要です。
また、上顎歯列には永久歯の歯の大きさと顎の骨の大きさの不調和(Discrepancy)が認められたため、スペース不足の解消治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 Active Plate (取り外し式装置)の使用から治療を開始し、動的処置期間5年を経て歯列の整直と正常な咬み合わせを得ることができました。
 反対咬合の早期治療により、上顎骨の劣成長を避けることができ、また永久歯への交換期を利用して上顎歯列のDiscrepancyを解消治療が行えたため、非抜歯にて良好な歯列と咬み合わせを得ることができました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG