ホーム » 症例検索 » ペンデュラムアプライアンスにて大臼歯後方移動を行って、非抜歯にて矯正治療を行った叢生症例。

ペンデュラムアプライアンスにて大臼歯後方移動を行って、非抜歯にて矯正治療を行った叢生症例。

  • 9~13歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 12歳男児の患者さんで、著しい上顎歯列の叢生が認められました。ペンデュラムアプライアンスを用いて上顎第1大臼歯の後方移動を行い、小臼歯非抜歯にて歯列の整直と機能的な咬み合せを得ることができました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列において、左右の犬歯がそれぞれほぼブロックアウトされていました。(犬歯の大きさが約7mmなので、左右で12mmの叢生量〜ガタガタの量〜が認められました。)上顎第2大臼歯が未萌出だったため上顎第1大臼歯を後方移動し→引き続き上顎第2小臼歯後方移動→上顎第1小臼歯後方移動→上顎犬歯の整直を行いました。
  Before Ⅲはペンデュラムアプライアンスを装着した時の写真です。 Before Ⅳは第1大臼歯を後方移動完了時の写真です

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎犬歯と上顎第2大臼歯が萌出する前に矯正治療を開始できたことと、前歯部の突出が認められなかったため、小臼歯非抜にて歯列の整直と咬合の確立を行うことができました。
 AfterⅢの写真は上顎第1小臼歯の後方移動を行っている写真です。AfterⅣの写真は上顎歯列の整直が完了した状態です。
 動的処置期間は2年10カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG