ホーム » 症例検索 » 上顎埋伏犬歯(2本)の開窓・牽引症例。

上顎埋伏犬歯(2本)の開窓・牽引症例。

  • 9~13歳
  • 埋伏歯
  • 表からの矯正

  12歳の女児の患者さんです。上顎左右の犬歯がそれぞれ埋伏しており、外科的に開窓処置を行ってこれらを正常な位置へ牽引・誘導を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

レントゲン所見では、上顎右側犬歯は隣の側切歯の歯根に重なるように前方傾斜し埋伏していました。また上顎左側犬歯も隣の側切歯の歯根吸収を起こし、さらにその隣の中切歯の歯根に食い込むように埋伏していました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎歯列のレベリングとスタビライズを行った後に、口腔外科にて左右埋伏犬歯の歯肉開窓(切開)手術を行っていただきました。埋伏歯の表面にブラケット装着を行い、その後徐々に牽引を行いました。(Beforeの写真4枚は順に右側犬歯の動きを示します。Afterの写真4枚は順に左側犬歯の動きを示します。)
 その結果、両側の犬歯ともに正常な位置へ移動が完了し、上下顎歯列ともにきれいな歯並びとなり、全ての歯が正常に咬み合う機能的な状態になりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG