ホーム » 症例検索 » 成長期の骨格性反対咬合(受け口)

成長期の骨格性反対咬合(受け口)

  • 6~8歳
  • 受け口(反対咬合)
  • その他
  • 表からの矯正

 8歳の男児で骨格性反対咬合(受け口)の患者さんです。成長発育期において早めに矯正治療を開始したことで良好な治療結果を得ることができました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 前歯部の反対咬合と過蓋咬合(深い咬み合せ)を認めました。セファロ分析の結果、上下顎骨の前後的なズレが原因である骨格性反対咬合と診断しました。
 成長期の骨格性反対咬合の場合、早めに矯正治療を開始することで上顎骨の成長発育が妨げられないようにすることが非常に重要です。また反対咬合に多く認められる上顎歯列の叢生(ガタガタの歯並び)をも非抜歯で治療することが可能になってきます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 反対咬合の矯正治療として、①上顎前歯部の前方移動、②上顎歯列におけるスペース不足の改善、③骨格の位置不正改善のための上顎骨の前方方向への成長発育促進、④咬合平面の変化による下顎前歯部の後方傾斜移動 を行いました。
 その結果、動的処置期間は6年7カ月かかりましたが、非抜歯にて反対咬合、過蓋咬合などすべての問題が改善されました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG