ホーム » 症例検索 » リンガルブラケットにて治療を行った開咬・上顎前突症例。

リンガルブラケットにて治療を行った開咬・上顎前突症例。

  • 20代
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 開咬
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 裏からの矯正

25歳女性の患者さんで、開咬、上顎前突、叢生と色々な不正咬合の問題がありました。審美的な希望によりリンガルブラケット(見えない裏側矯正)にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上下顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)を認めました。前歯部は開咬と上顎前突となっており、著しい咀嚼障害を認め、発音障害もありました。
 上下顎第1小臼歯4本抜歯を行い、リンガルブラケットを使用して矯正治療を行いました。
Before Ⅲの写真は治療中のものです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎前突に対して抜歯スペースを利用して上顎前歯部のリトラクション(後方移動)を行いました。開咬に対しては顎間エラスティックスを装着していただきながら治療を行いました。
 その結果、上下顎歯列ともにきれいな歯並びとなり、前歯部の咬み合わせも正常で機能的な状態となりました。口唇の側貌において突出感がなくなり、より美しいお口元へと変化しました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG