ホーム » 症例検索 » 成長発育期の骨格性反対咬合

成長発育期の骨格性反対咬合

  • 6~8歳
  • 受け口(反対咬合)
  • 表からの矯正

 7歳男児で骨格性反対咬合の患者さんです。乳歯から永久歯の交換期・成長発育期に矯正治療を行えたおかげで非抜歯にて良好な状態へ治療完了できました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 乳歯列期から反対咬合(受け口)で、上下顎前歯が永久歯に萌え変わってからも継続して反対咬合(受け口)の状態です。
 上顎前歯部の前方移動→上顎永久側方歯のためのスペース増大(エクスパンジョンプレート、リップバンパー等による)→上顎骨に対する成長コントロール治療→咬合平面の変化による下顎前歯部の後方傾斜移動、を順次行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 成長発育期の骨格性反対咬合の患者さんに対しては、早期に治療を開始することが重要です。上顎骨の良好な発育を促し、反対咬合の患者さん特有の上顎歯列の叢生を非抜歯で治療を完了することができるからです。
 動的処置期間は7年かかりましたが、上下顎の歯ならびはきれいに整い、正常な咬み合わせを得ることができました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG