ホーム » 症例検索 » 上顎前歯部に埋伏過剰歯を認めた叢生症例。

上顎前歯部に埋伏過剰歯を認めた叢生症例。

  • 9~13歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 埋伏歯
  • 表からの矯正

 11歳女性の患者さんです。上下顎歯列前歯部に叢生を認め、上顎前歯は前突しています。上顎前歯の歯根部に埋伏過剰歯を認めました。
 上顎左右の第1小臼歯を抜歯して矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 永久歯の大きさと顎骨の大きさの不調和により、上下顎歯列の前歯部に叢生(ガタガタの歯並び)が認められます。上顎前歯は前突し、上下顎の前歯はほとんど咬み合っていない状態です。
 レントゲン写真の所見で、右側上顎中切歯の根尖部に埋伏過剰歯が認められましたので、口腔外科へ抜歯依頼を行いました。(同中切歯の歯根は埋伏過剰歯の影響で歯根吸収が起こっています。)

 Before Ⅳの写真は治療開始前のパノラマレントゲン写真です。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 診断の結果、上顎第1小臼歯2本を抜歯して矯正治療を行いました。
 その結果、上下顎の歯列はともにキレイに整い、すべての上下顎の歯が正常に咬み合う状態となりました。

 After Ⅳの写真は治療後のパノラマレントゲン写真です。(右側上顎中切歯の根尖は埋伏過剰歯の影響で歯根吸収が起こっていました。)

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG