ホーム » 症例検索 » 上顎小臼歯抜歯にて治療を行なった叢生症例。

上顎小臼歯抜歯にて治療を行なった叢生症例。

  • 10代
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 裏からの矯正

 19歳男性の患者さんです。上顎歯列に重度の叢生(ガタガタの歯並び)を認めました。上顎第1小臼歯を抜歯してリンガルブラケット(見えない矯正・裏側矯正)を用いて治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列に重度の叢生(ガタガタの歯並び)、下顎歯列には軽度の叢生を認めました。左右の側切歯部はともに反対咬合となっています。
 診断の結果、上顎の左右第1小臼歯を抜歯、下顎歯列においてはIPR法(エナメルストリッピング)を適用して治療を行いました。
 Before Ⅳの写真は治療途中の上顎歯列のものです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上下顎歯列はともに整ったキレイな状態となりました。左右の側切歯部の反対咬合も改善され正常で機能的な咬み合わせとなりました。

 After Ⅳの写真は治療途中の下顎歯列のものです。
 

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG