ホーム » 症例検索 » 埋伏歯(上顎中切歯)の開窓・牽引治療例。

埋伏歯(上顎中切歯)の開窓・牽引治療例。

  • 9~13歳
  • 埋伏歯
  • 表からの矯正

 11歳女子の患者さんです。上顎中切歯が埋伏しており、外科的に歯肉開窓処置を行なって正常な位置へ牽引・誘導を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 左側上顎の中切歯が埋伏しており、歯冠周囲に歯嚢(胞)が認められます。(Before Ⅳの写真は治療前のパノラマレントゲン写真です。)

 埋伏歯へのアプローチとして以下の手順にて矯正治療を行いました。

①上顎歯列にマルチブラケット装置を装着する。 ②ワイヤーの交換を順次行い、歯列のレベリングとスタビライズを行う。③準備が整ったところで口腔外科にて埋伏歯部の歯肉開窓(切開)を行っていただく。(写真:BeforeⅡ)④埋伏歯の表面に矯正医がブラケットを装着する。(写真:BeforeⅢ)⑤開窓(切開)した歯肉を復位・縫合していただく。⑥スタビライズされた歯を固定源として、適切なフォースとベクトルで埋伏歯を牽引する。(写真:AfterⅠ, AfterⅡ)⑦対合歯との咬み合わせを確立する。(写真:AfterⅢ)

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 ルーティーンに沿った治療を行なったところ、埋伏していた上顎前歯は正常な位置へ移動が完了し、上下顎のすべての歯が正常に咬み合う状態にすることができました。
 After Ⅳの写真は治療終了時のパノラマレントゲン写真です。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG