ホーム » 症例検索 » 左右側方歯部の開咬症例。

左右側方歯部の開咬症例。

  • 20代
  • 開咬
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 26歳女性の患者さんです。上顎歯列に叢生を認め、左右側方歯部がともに開咬(上下の歯がかみ合っていない状態)となっています。MFTを行い、小臼歯非抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎前歯部に叢生を認め、左右側ともに側切歯から第一小臼歯までが開咬(上下の歯がかみ合っていない状態)となっており、咀嚼障害を認めます。
 診断の結果、小臼歯非抜歯にて矯正治療を行いました。
 
 Before Ⅳの写真はUp & Down エラスティックスを装着しているイメージです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 開咬の症状のある患者さんは多くの場合、舌突出癖が認めれますので、治療上MFT(舌癖の改善・コントロール)を行います。

 また顎間エラスティックス(患者さん自身で簡単に付け外しのできる輪ゴム)を使用していただいて開咬の治療を行います。

 これらに対して患者協力が良好だったため予定通りに動的治療を終了することができました。(2年1か月)上下顎の歯列はキレイに整い、すべての歯が正常に咬み合う機能的な状態となりました。

 After Ⅳの写真はUp & Downエラスティックスを装着しているイメージです。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG