ホーム » 症例検索 » 先天欠如歯をともなった開咬症例。

先天欠如歯をともなった開咬症例。

  • 20代
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 開咬
  • その他
  • 裏からの矯正

 23歳女性の患者さんです。前歯部の広範囲で開咬と上顎前突を呈し、咀嚼障害・発音障害を認めました。本症例は開咬の範囲・度合いが重症なだけでなく、下顎前歯部に先天欠如歯をも1本認めた難しい症例です。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎前歯部にガタガタの歯並び(叢生)を認め、上下顎前歯部の水平的な咬み合わせは上顎前突、垂直的な咬み合わせは開咬となっております。前歯部で食べ物を噛み切ることができない状態(咀嚼障害)で、発音障害(サ行、ラ行の音など)も認められます。また、下顎前歯部に先天欠如歯が1本認めれられます。
 症例的には難症例でイレギュラーな症例です。
 診断の結果、上顎第一小臼歯2本を便宜抜歯し、患者さんの希望によりリンガルブラケット(歯の裏側に装置を取り付ける“見えない矯正”)を使用して治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 開咬症例の矯正治療においては、Up & Down エラスティックスを多用し、舌癖のコントロール(MFT治療)を行う必要があります。またこれらに対する患者さんの協力が得られないと治療が成功しません。
 歯の表側に装置を取り付ける場合は、あらゆるところにエラスティックスを装着していただくことが可能ですが(Before Ⅲ、Ⅳの写真)、リンガルブラケットを用いて治療する場合においては、歯の表側に(エラスティックス装着用の)クリアボタンを取り付けて治療を行う必要があります(AfterⅢ、Ⅳの写真)。
 本症例において、歯の表側へのクリアボタン装着とエラスティックス装着に関しての患者さんの理解・協力を得られたため、前歯部の正常で機能的な咬み合わせを得る治療結果となりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG