ホーム » 症例検索 » 下顎右側埋伏犬歯の開窓・牽引治療例。

下顎右側埋伏犬歯の開窓・牽引治療例。

  • 9~13歳
  • 埋伏歯
  • 表からの矯正

 11歳女性の患者さんです。下顎右側犬歯が深部に埋伏しており、歯冠部にはFollicular cystも認められました。口腔外科との連携治療にて埋伏歯を正常な位置へ移動しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 下顎右側犬歯が下顎骨内深部に埋伏しており、Follicular cystが歯冠部を覆うように認められ、同部は骨吸収による透過像が見られました。また、埋伏犬歯のための萌出スペースはほとんどない状態でした。(Before Ⅰの写真)
 口腔外科おいて第1次外科処置として、埋伏犬歯歯冠周囲のFollicular cyst を外科的に摘出していただきました。その後埋伏犬歯の自然な萌出を期待しながらすべての部位にブラケット装着を行い、埋伏犬歯のための萌出スペース拡大を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 すべての歯のレベリング・スタビライズが完了し、埋伏歯のためのスペースが確保できた段階で、口腔外科にて第2次外科処置として埋伏犬歯の開窓処置(歯肉切開)を行っていただきました。同時に埋伏犬歯の歯冠表面にブラケット装着を行い(Before Ⅱの写真)、一旦歯肉弁を復位・縫合していただきました。(Before Ⅲの写真)
 歯肉が落ち着いた後、適切なフォースとベクトルにて埋伏歯の牽引を行いました。(BeforeⅣ→After Ⅱ→After Ⅲ→AfterⅣの写真)
 その結果、埋伏犬歯は正常な位置へ誘導が完了し、キレイな歯並びと正常で機能的な咬み合わせが得られました。歯根の状態も良好でした。(AfterⅠの写真)
 動的処置期間2年11ヵ月、治療費約90万円

矯正治療には一般的に次のようなリスクがあります。

・患者さんによる適切なブラッシングが行われなかった場合に虫歯ができることがあります。
・ブラケット(装置)が粘膜を過度に刺激した場合、口内炎が起こることがあります。
・歯の初期移動の際に痛みを感じる場合があります。(通常数日で治ります)
・長期間の歯の移動により極めて希に歯根吸収が起こることがあります。
・矯正用の取り外し式ゴムを指示通り使用しなかったり、口腔の悪習癖が改善されない場合、計画している歯の動きが得られないことがあります。
・歯の裏側にブラケットを装着して治療を行う場合、装着後一定期間発音障害がおこることがあります。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG