ホーム » 症例検索 » 成長発育期の上顎歯列に叢生をともなう反対咬合。

成長発育期の上顎歯列に叢生をともなう反対咬合。

  • 6~8歳
  • 受け口(反対咬合)
  • 表からの矯正

 混合歯列期で8歳の女児の患者さんです。前歯部の反対咬合と上顎歯列の叢生(ガタガタの歯並び)が認められます。早期矯正治療を開始できたことにより小臼歯非抜歯にて治療を終了できました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)の反対咬合(受け口)の矯正治療は早期に前歯部の反対咬合を改善することが重要です。これによりその後の上顎骨の劣成長を避けることが可能になります。
 Before Ⅳは治療前のパノラマレントゲン写真です。上顎歯列には叢生の原因である永久歯と顎の骨の大きさの不調和(Discrepancy)が認められます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 矯正治療のステップとして、Active plateによる上顎前歯の前方移動にて反対咬合の改善→Expansion plateを使用し上顎歯列の側方拡大を行なうことで上顎歯列のDiscrepancyの解消→リップバンパーを用いての第一大臼歯の後方移動→マルチブラケット装置にて咬合平面の変化による下顎前歯の後方移動を行いました。
 After Ⅳは治療終了時のパノラマレントゲン写真です。
 動的処置期間(歯を動かす治療期間)は5年4カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG