ホーム » 症例検索 » 上顎前歯部に叢生(ガタガタの歯並び)をともなう反対咬合症例。

上顎前歯部に叢生(ガタガタの歯並び)をともなう反対咬合症例。

  • 9~13歳
  • 受け口(反対咬合)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 12歳の男児で反対咬合(受け口)の患者さんです。上顎前歯部に叢生(ガタガタの歯並び)を認めました。小臼歯非抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 前歯部において右側の中切歯以外は全て反対咬合(受け口)となっていました。
上顎歯列において前歯部はスペース不足により叢生(ガタガタの歯並び)を認めました。
 精密検査のデータに基づいた診断結果により、小臼歯非抜歯にて矯正治療を開始しました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 Active plate(着脱式のプレートタイプの装置)にて上顎前歯部の前方移動を行い、マルチブラケット装置に移行し、歯列の整直と、咬合平面の変化による反対咬合の改善を行いました。
 その結果、上顎前歯部の歯並びはキレイに整いました。前歯部の反対咬合も改善され、正常で機能的な咬み合わせとなりました。
 動的処置期間は4年でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG