ホーム » 症例検索 » 埋伏上顎第2小臼歯の開窓・牽引治療例。

埋伏上顎第2小臼歯の開窓・牽引治療例。

  • 9~13歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 埋伏歯
  • 表からの矯正

 11歳女児の患者さんです。前歯部の叢生(ガタガタの歯並び)と左側上顎第2小臼歯の埋伏を主訴に来院されました。口腔外科との連携治療にて埋伏歯を正常な位置へ移動し、歯列と咬合を確立しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列の前歯部に叢生(ガタガタの歯並び)を認めます。パノラマX線所見において、上顎左側第2小臼歯は口蓋側(内側)に変位して埋伏していました。
 Discrepancy(スペース不足)の解消を行い、小臼歯非抜歯にて叢生(ガタガタの歯並び)の改善を行いました。
 Before Ⅰの写真は治療前のパノラマX線写真です。Before Ⅲの写真は歯肉開窓(切開)の手術中の写真です。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎歯列のレベリングとスタビライズを完了した後に、連携先の口腔外科にて埋伏歯の歯肉開窓(切開)手術を行なっていただきました。手術中に埋伏歯表面にブラケット装着を行い、治癒後に牽引治療を開始しました。After Ⅲの写真は埋伏歯を牽引中の治療経過の写真です。After Ⅰの写真は治療後のパノラマX線写真です。
 上下顎歯列ともにキレイな歯並びとなりました。埋伏歯は歯肉退縮も起こらず正常な位置へ誘導されました。すべてのエリアで正常で機能的な咬み合わせとなりました。
 動的処置期間 4年5ヵ月、治療費約90万円

矯正治療には一般的に次のようなリスクがあります。

・患者さんによる適切なブラッシングが行われなかった場合に虫歯ができることがあります。
・ブラケット(装置)が粘膜を過度に刺激した場合、口内炎が起こることがあります。
・歯の初期移動の際に痛みを感じる場合があります。(通常数日で治ります)
・長期間の歯の移動により極めて希に歯根吸収が起こることがあります。
・矯正用の取り外し式ゴムを指示通り使用しなかったり、口腔の悪習癖が改善されない場合、計画している歯の動きが得られないことがあります。
・歯の裏側にブラケットを装着して治療を行う場合、装着後一定期間発音障害がおこることがあります。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG