ホーム » 症例検索 » 成長期の骨格性反対咬合(受け口)の治療例

成長期の骨格性反対咬合(受け口)の治療例

  • 9~13歳
  • 受け口(反対咬合)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

このタイプの方は、経年的に反対咬合の程度、範囲が悪化するのが特徴で、早めの治療が重要です。Active plateによる前歯被蓋改善→上顎歯列のLevelingにすかさず進みます。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

下顎骨と上顎骨の前後的な位置不正による骨格性反対咬合症例で、上顎前歯に叢生も認められ、非常に難易度の高いケースでした。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

Ⅲ級メカニクスによる咬合平面の変化による治療に際して患者さんの協力が得られ、良好な治療結果が得られました。非抜歯にて理想的な前歯の咬合状態ならびに第一大臼歯咬合関係Ⅰ級を確立しました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG