ホーム » 症例検索 » リンガルブラケット(見えない矯正)で治療したシビアな上顎前突

リンガルブラケット(見えない矯正)で治療したシビアな上顎前突

  • 14~19歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 裏からの矯正

重度の骨格性上顎前突症例で前歯部の著しい咀嚼機能障害と、口唇の閉鎖不全がありました。年齢的に今後の成長発育があまり残されていないため、ヘッドギアによる上顎骨の成長コントロール治療は期待できません。小臼歯抜歯にて得られたスペースを最大限に利用して上顎前歯のリトラクション(後退)を行いました。患者さんのご希望よりリンガルブラケット(見えない矯正)を使用して治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上顎第一小臼歯(2本)の抜歯を行い、矯正用のインプラントアンカーを用い抜歯スペースを最大限に利用して上顎前歯の後方移動を計画しました。これにより安定した効率の良い最大の前歯リトラクション(後退)が可能になります。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

矯正用インプラントアンカーの使用と舌側矯正治療により上顎前突も完全に改善され、良好な咬合状態が得られました。上顎前突ならびに口唇の突出感もなくなり、自然な美しい口元に変化しました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG