ホーム » 症例検索 » 非抜歯で治療を行った重症の叢生症例(ガタガタの歯並び)

非抜歯で治療を行った重症の叢生症例(ガタガタの歯並び)

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

上下顎歯列に重度の叢生(ガタガタ)を認め、上顎前突(出っ歯)の咬み合わせでしたがヘッドギア等を使用し、非抜歯で治療が完了できました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

前歯部に重度の叢生(ガタガタ)があるため清掃性が悪く歯肉炎を起こしています。上下前歯は咬み合わず咀嚼障害も認められました。11歳の成長期の患者さんですからヘッドギアによる上顎骨の成長コントロール治療の効果が期待できます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

ヘッドギアによる上顎骨の成長コントロール治療効果と奥歯後方移動の効果により非抜歯にてすばらしい歯並びと良好な咬み合わせが得られました。治療期間は4.5年でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG