ホーム » 症例検索 » リンガルブラケット(見えない矯正)にて治療した叢生(ガタガタ)の症例

リンガルブラケット(見えない矯正)にて治療した叢生(ガタガタ)の症例

  • 30代
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • その他
  • 裏からの矯正

上下顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)を認め、左右で咬み合せの状態が異なる症例に対しリンガルブラケットを用い非抜歯にて治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上下顎歯列に叢生(ガタガタ)を認めました。左側の奥歯部の咬み合わせはほぼ正常、右側の奥歯の咬み合わせはⅡ級というズレている咬み合わせでしたが、右側に矯正用インプラントアンカー(ミニスクリュー)を用いることで改善できました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

リンガルブラケット(裏側からの装置)を用いて非抜歯にて治療を行い、審美的にも機能的にも良い歯並びと咬み合わせが得られました。
治療後2年間経過観察させていただきまして非常に安定した状態を維持できました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG