ホーム » 症例検索 » リンガルブラケット(見えない矯正)で治療した重度の上顎前突症例

リンガルブラケット(見えない矯正)で治療した重度の上顎前突症例

  • 14~19歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 裏からの矯正

下顎歯列に叢生(ガタガタ)をともなう、重度の上顎前突(出っ歯)の症例です。上顎前歯を可及的に後退させるために上顎小臼歯を2本抜歯し、矯正用インプラントアンカー(ミニスクリュー)を利用しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

骨格性上顎前突症例で、出っ歯度は約10mmと前歯で食べ物をかみ切ることができない状態でした。リンガルブラケット(見えない矯正治療器具)を使用し、上顎小臼歯2本抜歯にて治療を行いました。
(下段の写真:BeforeⅢ、BeforⅣ は治療途中のものです。)

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

矯正用インプラントアンカーを利用して最大の固定にて上顎前歯の後退を行うことで、出っ歯度は完全に改善され良好な上下前歯の咬み合わせが得られました。
(下段の写真:AfterⅢ、AfterⅣ は治療途中のものです。)

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG